So-net無料ブログ作成
検索選択
舞台関係の話題 ブログトップ

市村正親 親睦会 [舞台関係の話題]

一昨年、ディナー形式でやり、「高い!!」という声が上がり、去年はビュフェ形式にした…
のはいいが、今度は「並んでいるうちに料理が全部なくなってしまった!!」という苦情が出て、
今年はまたまたディナー形式。
隔年現象が起こって、来年はまたビュフェ形式か?!
お土産は、グラスと、恒例の「市村印」のワイン。あとは「みつを」もどきのカード。
市村さん自身が描いたアマデのイラストだそうですが、何か、幸四郎化してて怖いわ。

入場。狭~いテーブルの間をニコニコと練り歩く市村さんを見ていると、
私たちがこの会を楽しみにしていた以上に市村さんもこの会を本当に
楽しみにしていてくれたのだなあと思えてきて、それが幸せ~。
で、その幸せそうなお客さんの顔を見て、市村さんも幸せそうに…以下続く、
という感じの蜜月空間を味わえました。

ひな壇に上がってすぐに抽選会。市村さんでなくとも「え?もう!?」と思ったことでしょう。
今回の賞品は「モーツァルト!」のスタッフTシャツ、「ミスサイゴン」のスタッフTシャツ
(これが欲しかった~っ!!)、市村さん直筆イラスト入りサイン色紙でした。

共演者からのメッセージ
お前、酔ってるな!?と言いたくなるような訳のわからん某大司教からのメッセージでした。
段々、飲み屋のカウンターで隣のオヤジの話を聞いてるような気分になってきましたが、
途中、どうも市村さんの様子がおかしくなって、何だか泣いてしまうのをこらえているような
赤っ鼻になってきていました。「このメッセージで泣くんだ!?」と思うと、
二人にしかわからない世界があるんだなあと思わざるをえません。
だって、出だし、「もっしもっし亀よ、亀さんよ~♪」ですもん。
全体的に、「初めて家にテープレコーダーが来た小学生」みたいなメッセージでした。

質問コーナーで「この一年間で良かった舞台は何ですか」というのが出て、
市村さんは自分の出た舞台のことだと思って答えていたけれど、
これ、多分、観てきた舞台のことを聞きたかったんだと思うなあ…。
どんな舞台を見て、どう感じたかとか、知りたいものね。

今年はショータイムが割と長くて嬉しかった。ピアノとバイオリンの伴奏付きです。
もう少し会費高くしてオケをもう一人増やすか?と言っていましたが、
それだったら女声パートを歌う人を連れてきてあんな歌やこんな歌を歌ってほしいわ~♪
と思いました。が、よく考えると、市村さんって、女の人とのデュエットのビッグナンバーって、
オペラ座の怪人のくらいしかなかったりする?

ショータイムは大きく分けて、「四季時代」と「退団後」という感じになっていました。
ヘロデ王の歌をほぼフルコーラスで聞けたことと、「オモチャ箱」以来市村さんの中で
解禁になった(?)オペラ座の怪人の歌が聞けたことがかなり嬉しかったです。
ミュージックオブザナイト、現役の時もそうでしたけど、闇が見えてくる歌い方なんですよね。
「静かに広がる闇」と始まると、ライトが当たっていても、闇に包まれる気がしてくる。
音程や声量なんて細かいこと(笑)はどうでもよくなってきます。

退団後の曲は(順番テキトー)、「ミスサイゴン」のアメリカン・ドリーム。
音域・キャラクター共にはまり役!
再演が決まっているそうですよ。「エンジニアは年齢不詳だから、出られる限り出てください」
と東宝の人から言われたとか。「目指せ!森光子の放浪記!」ですね。
お客さんは、「アメリカン・ドリーム」のキャデラック飛び乗りシーンで、
森さんのでんぐり返しの場面のように、拍手する(笑)。
「キャデラックに飛び乗れなくなったら、踏み台つけようか」とはご本人の弁。

今回のパーティーのキーワードは「一緒に年をとっていきましょう」でした。
考えてみれば、初めて市村さんを意識して見たのは26年前。
いつの間にか当時の市村さんよりも年上になっている自分に感動したり、ゾッとしたり。
今の市村さんの年齢になる21年後、市村さんはどんな舞台に出てるのかなあと思うと楽しみ。

その他、「キャバレー」「シーラヴズミー」「蜘蛛女のキス」「シラノ」「スクルージ」の
中から色々なナンバーを聞かせてくれました。
アンコールで「ラ・カージュ」の「ありのままの私」。
数年のうちに再演がありますと言っていましたが、その言葉、数年前から聞いてるような気がする…。
退団後のミュージカルから歌わなかったのは、「回転木馬」だけ?
やっぱりこの作品、「なかったこと」になってる?(笑)

「ラ・カージュ」を再演するとしたら、キャストもかなり一新されるでしょう。
ジョルジュ役は誰がいいかねえ…と、Aちゃんとにわかプロデューサーになって考えました。
ラメジャケットに蝶ネクタイをして、売れない漫才師に見えないという点と、
「ボンジュ~ル」と口にしても嘘くさくないという点が二人の選考基準。
四季から光枝さんが来てくんないかな~。
村井さんだとちょっと違う気もするし、市村さんと一緒の舞台には出てくれなさそう…。

その他、今後の舞台の予定も少し話してくれましたが、秘密事項が多くてよくわからん。
はっきりと作品名を出したのは、「ミスサイゴン」「ヴァンパイア」「市村座」くらい…?
あと、鹿賀さんとミュージカルをやるという話もありました!
また、市村さんが鹿賀さんをたてるような、チョコチョコ動く役だそうです。
「プロデューサーズ(アダルトバージョン)」かとも思いましたが、
Aちゃんが別作品を予想。何か、的中しているようですよ~。
オヤジ2人がツートップでやれる作品ってあまりないですものね~。
まさか、鹿賀さんのジョルジュで「ラ・カージュ」ってこともないだろうし。
何か、生々しいものなあ。

最後に市村さんとの記念撮影。
今年はお衣装替もなく(去年はエンジニアの扮装で撮ってくれた)、普通のスーツですが、
それでも、握手した時の不思議な眼の力に吸い込まれそうになりましたよ。
人間、着るもんで決まるわけじゃないのね~。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

新エマ誕生@ジキルとハイド [舞台関係の話題]

何気なく東宝の「ジキルとハイド」のページを眺めていたら、エマ役の所が鈴木蘭々になっていた。
最近、ミュージカル関係の情報に疎くて、「石川アターソン君に気をとられていて
蘭々エマだったのを見落としてたかな?」くらいに思っていたら、何と、

知念里奈 年下モデルとできちゃった婚

だそうで…。ま、最近は「できちゃった婚」じゃなくて「オメデタ婚」とか言うそうですが。
で、12月の公演にはナンボ何でも出られなくて、代役に蘭々が入ったということだそうです。
「ミス・サイゴン」を経ての知念エマ、とても楽しみにしていたのですが、
蘭々エマも楽しみですね~。
「ユーリンタウン」の時は、低音・中音域の地声がよく通る声だったので、
マルシアとの「In His Eyes」は超絶地声合戦!!みたいになるのでしょうか。
こんなこと書くと、「ジキルとハイド」関係者や正調ファンに叱られるかもしれませんが、
私はこの一曲にあまり心の機微というものを求めていなかったりします。
表現できていればできているで、それにこしたことはないのですが、
それよりも女優同士の「闘」根性みたいなものを楽しみにしています。
これは、初めて観たBW版の闘いっぷりが凄かったからだと思いますが…。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

オフィシャルグッズ [舞台関係の話題]

ウエストサイド物語のオフィシャルグッズ

 

 



有名なアノ場面の振りのシルエットが入った…

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ウエストサイドストーリー煎餅…。
ずっと前にAちゃんからもらった代物がひょっこり出てきたよ。

さて、今日は今年4回目のレミゼ観劇でした。
観劇メモは後日。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

舞台で気になるアノ人-真島茂樹さん- [舞台関係の話題]

マジさんこと真島茂樹さんが「行列のできる法律相談所」に出てましたね。
明日は「スマスマ」、木曜日からは「ごきげんよう」、今月中に
ダウンタウンDX」への出演も決まっているそうで。
きっと、どの番組でも「マツケンサンバII」を指先まで全力で踊るのね。

「マツケンサンバの人」と言ったほうが今では通りがいいのはわかるけど、
やっぱり私にとって真島さんは、舞台の人・ダンスの人。

色々な舞台で真島さんを見ているけれど、何と言っても印象に残ってるのは
「ラ・カージュ・オ・フォール」のカジェルの一人、ハンナ。
劇中のゲイクラブのショー場面で鞭を駆使した踊りを披露。
終演後にサインをお願いしたら、先端にハートが付いた鞭を描いてくれました。
自慢。


もう一つ印象に残っているのが、「王様と私」の劇中劇「アンクル・トムの小屋」
サイモン王役。

実は、この写真の右端に写っているサイモン王の仮面を持たせてもらったことがあります。
自慢第二弾。
最初は「被ってみる?」と言われたけど、恐れ多くて…。
と言いつつ、持たせてもらったわけだけど(笑)。
見た感じの通り重くて、ビックリした覚えがあります。
これを被って踊るわけだから、もう少し軽いのかなと思ってたので。
視界もほとんど遮られるわけだし、やっぱりマジさんすげえや!
という思いをより強くした体験でした。

一つのことをずーーーっと続けているかただから、トークなどでも
聞くべき部分があるのはわかるけど、やっぱり舞台の上のマジさんを見たいなあ…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マジ様グッズ [舞台関係の話題]

私は以前から、マツケンサンバ振付で話題の真島茂樹さん(マジさん)が大好きで、
そのことを知るSちゃんからこんな物をマジ様グッズとしてもらいました。

マツケンサンバIIキーホルダー

「MADE IN CHINA」 の文字があるけれど、中国の工場の人たちは
この人形を何だと思って作ったんだろう(笑)。
「日本人、よくわからん」と思ってたのは間違いないだろうけど。


舞台関係の話題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。