So-net無料ブログ作成
観劇メモ ブログトップ

5月歌舞伎座★いつのことだよ [観劇メモ]

アップしていた気になっていましたが、まだだったようです。
五月歌舞伎座の観劇メモです…。


歌舞伎座に行ってきました。
正直いって、今まで見てきた歌舞伎座公演の中で
一番チケット確保に苦労しました。勘三郎襲名公演5月夜の部。

「義経千本桜」四ノ切。筋はわかりきっている演目なので、
面白がって英語のイヤホンガイドを借りてみました。
解説よりもセリフの超訳という感じのものなんですね。
これからも筋もセリフもよくわかっているお芝居の時に借りてみようかな。

菊五郎さん演ずる源九郎狐が鼓をもらった場面、
なぜか知らないけど涙が出てきてしまって自分でも驚きました。
今まで数え切れないほどこの演目を見てきたけれどこんなことは初めて。
お芝居の生の面白さですね。
菊五郎さんのお芝居がとても丁寧で、客席に伝わるべきものが
きちんと伝わってきたのかな。

「出があるよ!」の人があまり良いタイミング、かけ方ではなかったせいもあって、
登場場面とか、アクロバティックな場面はキレがなくなったような印象もありましたが、
その分、仕草などが丁寧で良かったです。

海老蔵さんの義経は、登場して、伏し目がちだったのを
クッと正面を見るその瞬間が妙に印象的でした。
目が効くってこういうところなんだろうな…。
義経って武人なんだよねと改めて感じさせてくれる義経でした。
セリフが始まるとコケたけど(笑)。
静御前は菊之助さん。ちょっと細かい芝居が多すぎるかな。
落ち着きのない感じがしてしまいました。
田之助さんの飛鳥、出演場面はほんのちょっとだけれど、印象に残っています。

「鷺娘」玉三郎さん。
綺麗~。町娘の部分よりも鷺の精の部分のほうが似合っているというのが
この方のキャラクターを表していますね。
何だかもう「この世のものとは思えない」の。
それがこの方の良い面でもあり、悪い面でもあるような気はしますが…。

「研辰の討たれ」

↑「研辰の討たれ」チョコレートの包装紙。

仮花道、意味あるの?その分座席に回せばいいのに…。と思ってしまった。
「使える機構があると使いたくなる」という気持ちはわからないでもないけど。
盆に関しては冒頭の影の場面からずっと効果的に使われていて、
スタンダードな歌舞伎しか見たことのないおばあちゃまがしきりに感心していました。

以前、新橋演舞場で歌舞伎バージョンのを上演した時は、
橋之助さんと三田寛子嬢との話を舞台上で暴露しまくっていた辰次。
今回のターゲットは勘太郎クンなのね…。
「震度3くらいの地震の時も彼女に『大丈夫だったか?』と
電話をかけるようなお優しい方だったじゃないですか~っ!!」と、声色まで使って息子の暴露話。
橋之助の時もこの作品の後、ガーーッと騒がれ始めて結婚までいったわけだから、
もしかしたら勘太郎お兄ちゃんも秒読み段階なんでしょうか。

勘太郎は今回は能動的に笑いをとれない役柄で、一見おいしくないですが、
受身の笑い・芝居もできる人なのだなと嬉しくなりました。
こういうお行儀の良いコメディができる役者さんって貴重ですものね。
「俺が俺が!」ってやるわけではないのに、可笑しい。

金魚ちゃん、可愛い!本当に芝のぶちゃんは可愛いわ。
女の子が出てるかと思った。「負けた」と感じた(笑)。

終盤、急にテーマが浮き出てきて、前半のお笑い路線とのギャップに
ついていけていない雰囲気がありました。だから幕切れの後味が悪い。
中盤で辰次が嘘を言ってヒーロー扱いされる辺りも、終盤のテーマに繋がる
大事な展開だったとは思うのですが、ドタバタ騒ぎに紛れてしまった感じなので、
余計に「いきなりシリアス」という感じがしてしまったのだと思います。

後味の悪さは、主人公が殺されるからというのではなく、
大衆以外の何者でもない私が、いきなり「大衆の愚かさ」というものを
つきつけられて、面と向かって「お前はバカだ」と言われたような気になっ
てしまったからというのもあるんですけどね(笑)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

レ・ミゼラブル復刻バージョン [観劇メモ]


ある方のおかげて観ることができました。
作品の力に感動すると共に、高校生だった初演の頃から今までの
自分の人生(というのは大げさ?)も頭の中に浮かんでは消え、浮かんでは消え、
感情が波立ったため、かなり体力・気力の必要な観劇になりました。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「レ・ミゼラブル」5月5日昼の部観劇メモ [観劇メモ]

結構長文を書き込んでエントリーボタンを押したら
エラーで全部消えてしまいました。
メモ帳やワープロソフトで下書きをするべきだった…。
思い出せる分だけでも再現してみます。

5月5日昼の部、今年4回目の「レ・ミゼラブル」を観てきました。

狙っていたわけではないのですが、バルジャン、ジャベール、ファンティーヌ、
マリウス、マダム・テナルディエの5役をコンプリートしていました。

今日印象に残ったのは何と言っても石井一孝さんのバルジャン
前回、2003年の石井バルジャン千秋楽で初めて見た時は
「お爺さんを演じる」ということに一生懸命で、全然バルジャンが
見えてこないなあという感じでしたが、今日はジャン・バルジャン
という人物がきちんと見えてきました。まあ、若いと言えば若いのですが、
「こういう若い声の老人もいるよね」と思えなくもない程度。
最初のツーロンの場面では、鈴木綜馬さんのジャベールと二人で
ほとんど歌になっておらず、「大暴投を無理やり打ちに行く」という風情に
ハラハラしたのですが、その後は割と丁寧に演じていて安心しました。
あの調子で「対決」やってたらどうなったのか、見てみたい気もするけど(笑)。
石井さんのバルジャンからは終盤までずっと「神に対しての恥の意識」が感じられました。
いわゆる「世間様に顔向けできない」、の神様バージョン。
コゼットの結婚式を迎えてようやく神様に顔をあわせても恥ずかしくない自分になれて、
それで神に召されてしまう…。燭台を並べて祈るシーンに深みが感じられました。

シルビア・グラブのファンティーヌ
ファンティーヌって強い女性なんだよねということを改めて感じさせる役づくりでした。
「元々不幸だった人が、不幸に加速がかかって最後まで不幸でした」という感じの
今までのファンティーヌとは少し趣が違って、
普通の娘さんがちょっとしたきっかけで転がり落ちていくという哀れな感じ。
歌声が太い(「低い」とはちょっと違う)のも、強さを感じさせる一因でしょう。
「♪夢くいちぎり~」の音が上がっていくところも、裏声へのチェンジや
無理な張り上げ声もなく楽に強い声が出ていました。

岡田浩暉さんのマリウス
マリウスらしい賢くなさ(誉め言葉)がよく出ていて、好きです。
砦の場面で体育座りをしている姿は、バルジャンならずとも
「この子はこちらが守ってやらねば」という気にさせられます。
砦の外に弾を拾いに行く・行かないという場面で、東山アンジョルラスに
ガバッと抱きついたのにはちょっとビックリ。
更にそこへ、なぜか石井バルジャンがマリ・アンジョ二人とも込みで抱きかかえて、
良い年をした男たちが舞台上で人間団子玉みたいになって
組んづほぐれつしているのが面白かった。良いシーンなのに笑わせてどうするのよ…。

新妻さんのエポニーヌ河野さんのコゼットは、またもや印象薄し。
私にとって、バルジャン邸での三重唱の時、
エポニーヌパートがほとんど聞こえないというのは致命傷。
二幕の「オンマイオウン」が少し唐突に感じられるから。
「オンマイオウン」に全面的に同調できないのってエポニーヌとしてはイタイ。
かと言って、三重唱の場面であまり出張るのっていうのもダメだし…。
難しい役ですよね。
河野さんは全体的に声がか細いので印象が薄くなるのもやむなしなのかな。

佐藤正宏さんのテナルディエ
全体的に歌が不安定だという点はありますが、日本のテナルディエは長いこと
歌が不安定なのがデフォルトだったので(笑)、その点には慣れている。
意外とアドリブ的なギャグに逃げずに、きっちりとやっているのが好きです。
「裏切りのワルツ」や「♪被害者なしなら帰っていいね?」の辺りの
人形振りみたいな動きは、かなり音楽を意識して動いていることがわかります。
だから、それほど軽やかな動きではないのに、動きにリズムを感じるのかな。

瀬戸内美八さんのテナルディエ妻も、良い意味で「やらなくてもいいことはしない」
という役作り。意外と佐藤・瀬戸内コンビというのは合っているのかもしれない。

東山義久さんのアンジョルラス
今までこの方が全力で歌っているというところをほとんど見たことがなかったので、
イメージしていたのよりも太い声に驚きました。
彼のアンジョルラスのとっても良い点は、たくさんの学生の中にいても目立つこと。
私にとってはアンジョルラスの最優先事項かもしれない。
動きやポーズは、さすがダンスの人という感じで美しい。

アンサンブルで気になった部分を。
高野さんの司教様
フテくさったように、なかなか立とうとしない石井バルジャンをガシッと
掴んで無理やり立たせ、手にキスをして立ち去る司教様。
いつもの十字を切る仕草もいいですが、こちらもまた情深い場面になって良いですね。

工場長の歌はこれで良いんでしょうか。
他の場面でも「うわ、誰ですか、この歌は」と思ってオペラグラスを覗くと
必ずこの方でした。私はあまり音程にはこだわらないタイプですが、
それでもこれはひどい。
感情が高ぶって外れてしまう、走ってしまう、遅れてしまうとかではない感じ。
立ち姿は良いだけに残念です。

阿部裕さんのグランテール
ガブローシュの死ぬ場面でグランテールが変に悲しみすぎるというのは
基本的にはあまり好きではないのですが、阿部グランテールの場合は
その前までのシーンでガブローシュ(というよりも「生を多く持つ者」)
に対する思い入れが随所で描かれているので、ガブローシュの死を
悼むことによって却ってグランテールの、「死に急ぐということに対する反感・疑問」
を強く感じるこができて良かったです。

まだまたたくさん書いたことがあるような気がしますが、
思い出せるのはこれくらいです。
so-netブログめ…。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

4月24日「レ・ミゼラブル」観劇メモ [観劇メモ]

本日の初観劇キャスト


今井バルジャン
今井さんの歌って「多分こう歌うんだろうな」と想像できて、
しかもその想像通りに歌うことが多い。
今日もそうなんだろうなと思っていましたが、意外にも、
意外な歌い方をしていた部分も多かったです。
もっと「音程重視」「声量重視」だと思っていたら、割と突っ走っていた。
今井バルジャンの強みは、見た目がバルジャンっぽい点。
キョドっているように見えることもある目の力の弱さが、
バルジャンのヒゲ・カツラに隠れていたのか
そういう癖はなくなったのか、今日は気になりませんでした。
最後の燭台の場面が印象に残っています。本当に死にそう。

泉見マリウス
優柔不断な感じがとても良いですね。
あと、ピンポイントで好きだったのは、「♪ああ君の名前も知らない」
の場面で「あぁっ!」と頭を抱えた仕草。
テンぱってるマリウスの感じがよく出てました。

佐藤テナルディエ
とにかく顔が可笑しい。結婚式の場面のメイクなんて、卑怯なくらい面白い(笑)。
それなのに、チラッと悪人顔を見せる瞬間が怖い。
自然なダミ声系のテナルディエでした。

河野コゼット、新妻エポニーヌ
あまり印象に残っていないです。
新妻さんはキムの演技がとても好きで期待していたんですけどね。
悪かったわけではないけれど、普通にエポニーヌだなあ、と。
コゼットは普段からあまり印象に残らないことが多い(笑)。

今日のアンサンブル、キャストはは全然チェックしていないのですが、
とてもまとまりがあって、「なぜお前がここにいるんだ!」
という声を出す人もおらず、とてもリラックスして作品を楽しめました。

とりあえず、メモだけ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ダウンタウン・フォーリーズVOL.3観劇メモ [観劇メモ]

ダウンタウンフォーリーズ観劇。


「面白かったら人に言え」ということなので、言わせてもらいます。


「面白い!!」


ただ、これをオススメ作品として挙げてしまったら、品性を疑われてしまうかもしれない
という場面もあるにはある。
ま、大抵そういう場面がお気に入りシーンなんですけどね(笑)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

3月の観劇メモ [観劇メモ]

05年3月の観劇作品

ファンタスティックス
BAT BOY THE MUSICAL
レ・ミゼラブル」(山口バルジャン)(別所バルジャン)
OH ダディー!」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
観劇メモ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。