So-net無料ブログ作成

補習第3クール開始!! [学校]

勤務先の高校で夏期補習第3クールが始まりました。
久しぶりに会う生徒たち。
「この一週間で何があったんだ?」と聞きたくなるような変化のある生徒もなく、一安心です。

「御殿場の坂道って、上り坂と下り坂とどっちが多いか知ってる?」という質問に
「うーん…上り坂?」と答えてしまう、そんな愛すべきマヌケっぷりも変わっていないようでした。

講習の他にも3年生の小論文指導なども担当しているのですが、
理系や政治経済・法律系の小論文は、自分の苦手分野だということもあって苦戦しています。
最近の入試小論文は「文章を書くんだから国語のセンセエの担当だろ」
では済まないものが多いんですよ。

「『疑わしきは被告人の利益に』という言葉に象徴されるような裁判制度のあり方について、
考えるところを述べよ」
とか、もう「国語」関係ないですもん。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

大吉

上り坂下り坂どっちだろうと考えてしまいました。
問題の出し方が上手くないとひっかかってくれないかもですね。
by 大吉 (2005-08-19 01:41) 

mimimi

私もはじめ,??上り坂下り坂どっちだろう??と考えてしまいました。
すみません・・・・
小論文は文章の組み立て方を知りたかったかなと,今にして思います
起承転結とかはわかるのですが,内容より,文章の構造を勉強しておくと簡単かなと・・・
上記の題材については何を主に自分が言いたいかを始めに主張して理由をどれくらいの範囲で述べ,反論もしたほうがいいのか,結語に再確認てきに主張したい文を入れるとか・・・
論文を書いたことがあったのでこう書こうかな~って思えるのですが
高校時代は漠然とこんな問題だったらこまったな~って思いました.
by mimimi (2005-08-19 13:06) 

ぱん

>大吉さん
これ、「サンフランシスコは坂の街ですが…」という前置きで始まる
ひっかけクイズの改定バージョンなんですよ。
現在地よりも標高が高い場所を当てはめると「上り坂!」と答える率が高いです。

>mimimiさん
今、樋口裕一氏の著作を中心に、「文章構造のパターン」を紹介した参考書も増えてきています。
そのせいか、体裁の整ったありきたりの文章よりも、主張する内容を重視する学校も増えてきている印象があります。
そうなると、「疑わしきは…」の題材に関しては「別に、何も…」というのが
正直なところな私は、まったくお呼びじゃなくなってしまうのです(笑)。
by ぱん (2005-08-27 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。